あきゅらいずの優すくらぶについて

あきゅらいずは、泡石・優すくらぶ・秀くりーむの3アイテムでシンプルなスキンケアをおすすめしています。

 

あきゅらいず 優すくらぶ

 

・約1か月分が6224円

 

・約2か月分が7680円

 

優すくらぶは、顔を洗った後濡れたままで顔に広げて使う。

 

スクラブという名前がついているのでザラツキの気になる部分をこすってしまう人もいるよう。

 

こすらずに顔に伸ばすだけでOK。

 

優すくらぶには「ゼラニウム」と「ハッカ」がある。

 

(それぞれゼラニウム油とハッカ油が配合されている)

 

妊娠している人はゼラニウムの使用は控えた方が良い。

 

(ゼラニウムが女性のホルモンに働きかけるという可能性があるらしい)

 

お腹に赤ちゃんのいる方はハッカを使うべき。

 

あきゅらいずのトライアルセットではゼラニウムもハッカも入っているので、妊婦さん以外の方は好みで選べばOK.

 

ただ、ハッカ油はクール感がかなりあるらしく独特の刺激が苦手な人もあり。

 

夏にはハッカ油が良い人、眠気覚ましに使っている人なども。

 

あきゅらいずを使って数か月を過ぎた芸能人の方では、ハッカの刺激がクセになっていて、特に夏は絶対ハッカを使っている方もあり。

 

あきゅらいず愛用の芸能人、モデルはみんなあきゅらいずをラインで使用している。

 

すきんおいるを併用している人もいる(佐藤康江さんなど)

 

あきゅらいず 芸能人の記事

 

 

優すくらぶは、清潔で濡れている顔にしようする。

 

特にこする必要はなく、顔にのせて30秒待つ。

 

丁寧に洗い流すと、肌がやわらかくほぐされている感じ。

 

 

優すくらぶは、使い始めた時やお肌ががんばりすぎている時にジンジンと感じる事があるそう。

 

初めて使った時に、あまりに痛いような刺激を感じてしまうとなかなかリピートにはつながらない感じ。

 

肌に異常が見られた場合はすぐに使用を停止する事。

 

 

【全成分:優すくらぶ ハッカの香り】
水、コーンスターチ、ヨクイニン、海塩、アルギン酸Na、タンジン根エキス、ゴマノハグサ根エキス、オカゼリ果実エキス、ベニバナ花エキス、ポリゴナツムムルチフロルム根茎/根エキス、スイカズラ花エキス、アマチャヅル葉エキス、ムラサキ根エキス、オタネニンジン根エキス、オウレン根エキス、スイゼンジノリ多糖体、ポリグルタミン酸、オリーブ果実油、ハチミツ、BG、ハッカ油、カプリリルグリコール

 

【全成分:優すくらぶ ゼラニウムの香り】
水、コーンスターチ、ヨクイニン、海塩、アルギン酸Na、タンジン根エキス、ゴマノハグサ根エキス、オカゼリ果実エキス、ベニバナ花エキス、ポリゴナツムムルチフロルム根茎/根エキス、スイカズラ花エキス、アマチャヅル葉エキス、ムラサキ根エキス、オタネニンジン根エキス、オウレン根エキス、スイゼンジノリ多糖体、ポリグルタミン酸、オリーブ果実油、ハチミツ、BG、ゼラニウム油、カプリリルグリコール

 

あきゅらいず社によると、あきゅらいずのシンプルケアの原点がこの優すくらぶとのこと。

 

優すくらぶをとり入れる事で省けるステップやアイテムがある?!

 

優すくらぶにも、和漢ハーブエキスの草根木皮たまりが配合されている。

 

草根木皮たまりは黒々とした液体なので、優すくらぶも薄い茶色。

 

スイゼンジノリ多糖体は、ヒアルロン酸の5倍以上の保水力がある。

 

優すくらぶで肌がほぐれていると、次に使う秀くりーむが角質層に浸透しやすくなるらしい。

 

あきゅらいずはラインで使った方が効果が全然違うという口コミがあるが、優すくらぶだけの単品使いも効果がありそう。

 

あきゅらいずは、天然、自然を大事にする会社の様で、優すくらぶに配合する防腐剤も最小限に抑えているとのこと。

 

使い始めたら早めに使い切った方が良い。