『あきゅらいず愛用の芸能人・モデル』まとめ 選ばれる理由は 

あきゅらいずと芸能人

あきゅらいずは、和漢ハーブエキス「草根木皮たまり」を配合したスキンケアメーカーです。

 

 

シンプルながら濃密なスキンケアで「すっぴん」になれると話題のあきゅらいず。

 

芸能人モデルの方も愛用しているそうなのですが、一体どの様な方達があきゅらいずを使っているのかちょっと気になりますよね?

 

美容や流行に敏感と思われる芸能人だけに、一体どのような理由であきゅらいずを選んだのかも聞いてみたい気がします。

 

そこで、当サイトではあきゅらいずを愛用している芸能人について徹底的にリサーチしてみました!

 

 あきゅらいずを通して見え隠れする芸能人たちの私生活や考え方など、どうぞご覧ください!

 

あきゅらいずを愛用している芸能人

 

あきゅらいずをこよなく愛する芸能人・お一人目は、坂本美雨さん です。

 

あきゅらいず芸能人1
画像引用元:あきゅらいず公式サイト

 

坂本美雨さんは、世界的な音楽家である坂本龍一さんと矢野顕子さんを両親に持ち、ご自身もミュージシャンとして音楽活動に携わっていらっしゃいます。

 

1997年、ドラマの主題歌にもなった「The Other Side of Love」の歌声は、まだ記憶に新しいのは私だけでしょうか?!

 


 

お父様似の目元と、お母さま譲りの雰囲気が印象的な坂本さん。

 

2015年に出産した娘さんにアレルギーがあるとの事で、秀くりーむで徹底的に保湿ケアしているそうです。

 

きほんのセレクト3点はどれも愛用されているようで、泡石はモコモコの泡をお嬢さんと一緒にお風呂で楽しんでいるそうですよ。

 

優すくらぶが一番のお気に入り、という坂本美雨さんは、『暑い夏に、ハッカの気持ちよさがクセになった』そうです。

 

確かにハッカの爽快感はスゴイ!

 

天然のハッカ油由来のクールさなので、安心して使えるのもイイんですよね!

 


 

実は、2014年にご結婚された旦那様もアレルギー体質とのことで、シャンプーもあきゅらいずの「きのね」をご家族みんなで使っているそうです。

 

「きのね」は、基礎化粧品と同じ和漢ハーブエキス「草根木皮たまり」が配合されているシャンプー。

 

髪が生えてくる「地肌」をケアできるアミノ酸系です。

 

 

『家族が一番大切』という坂本さんにとって、あきゅらいずは家族みんなで安心して使える事が魅力であり、素材の良さを大切にする同社の姿勢にも共感しているようでした。

 


▲メイクは、あきゅらいずの「玉粉肌」「いろのは」シリーズ使用でノーファンデだそうです。
画像引用元:あきゅらいず公式サイト

 

坂本美雨さん 愛用アイテム

 

 

坂本美雨さん プロフィール

 

坂本龍一さんと矢野顕子を両親に持つ、1980年5月1日生まれ。

 

1997年、16歳の時に「Sister M」という名前で歌手デビュー(ドラマ主題歌「The Other Side of Love」)。

 

その後は本名で音楽・芸能活動を開始し、コンサートや舞台出演、楽曲の提供などを行っている。

 

9歳から高校卒業までアメリカ・ニューヨーク州で生活していた為、英語が堪能。

 

映画、旅行、猫が好きな事でも知られ、雑誌や書籍などの執筆も行っている。

 

 

あきゅらいず ご愛用の芸能人お二人目は、佐藤康江さんです。

 


画像引用元:あきゅらいず公式サイト

 

モデル、女優としても活躍される佐藤康江さんも、あきゅらいずのご愛用者です。

 

あるイベントであきゅらいずの関係者と知り合ったのがきっかけで、あきゅらいずを使うようになったそうです。

 

2014年にご結婚され、現在は2児のお母さまになられた佐藤さん。

 

あきゅらいずでどんなケアをしていらっしゃるのでしょうか?

 


 

あきゅらいず開始から8か月ですっぴんを達成したという佐藤さんは、きほんのセレクト(泡石・優すくらぶ・秀くりーむ)を愛用しているそうです。

 

『本当に3アイテムだけで肌の透明感が出せるのか最初は半信半疑だった』そうですが、使っていくうちにお肌が変わるのを実感し、今ではすっぴんでいられる自分が楽しいと感じられるのだそうです。

 

2015年に誕生した息子さんは、泡石の泡を見るとツンツン触って喜んでいるそうで、坂本美雨さん同様、母子で楽しい洗顔タイムを送っているようですね!

 

保湿は、基本的には秀くりーむだけのようですが、「ちょっと潤いが足りないかな?」という時は「すきんおいる」を秀くりーむに混ぜて使っているそうです。

 

あきゅらいずのすきんおいるは、秀くりーむの後にお顔に伸ばすのが基本的な使い方。

 

でも、秀くりーむに混ぜてから使うと、程よい浸透感ともちもち感が得られるそうです。

 

 


画像引用元:あきゅらいず公式サイト

 

すっぴんになる前は、「すっぴんになったら何を着ればいいんだろう?」と思っていた佐藤さんだそうですが、いざすっぴんになってみたら『逆に、ファッションの幅が広がった』そうです。

 

どういう事かというと、すっぴんに自信が持てると『ナチュラルなありのままの自分を引き立てやすい洋服を選ぶようになる』のだとか。

 

きっちりメイクの時は、知らずのうちに洋服にも気合が入っていたのが、ありのままの自分に自信を持てた事で自分が着たいと思う服を選べるようになったんだそうです。

 

こんな感覚、すっぴんになった人じゃないとなかなか分からないかもしれませんね〜。

 

すごくナチュラルで、肩に力が入っていない感じがして女性としても憧れてしまいます!

 


 

佐藤康江さん 愛用アイテム

 

 

佐藤康江さん プロフィール

 

1978年生まれ・埼玉県出身。

 

14歳の時にモデルとしてスカウトされ、その後は女優として映画やテレビなどに出演。

 

2014年に結婚、2015年に男児出産、2018年に女児出産。

 

現在は、「YS Jewel」ブランドでジュエリーのデザインも手掛けている

 

あきゅらいず愛用芸能人、続いては 川上麻衣子さんです

 


画像引用元:あきゅらいず公式サイト

 

10代から芸能活動を始めた川上さん。

 

テレビドラマ「3年B組 金八先生」で彼女を初めて見た、という方もいらっしゃるかもしれませんね!(懐かしい〜!)

 


 

あきゅらいずの通販CMを担当した事がご縁で、きほんのセレクト(泡石・優すくらぶ・秀くりーむ)を使い始めたそうです。

 

あきゅらいず社長の南沢さんのすっぴんがあまりにもキレイだった事も、あきゅらいずに興味を持った理由だとか。

 

女優というお仕事柄、フルメイクが当たり前だったそうですが、今は開放感のあるすっぴんを目指して泡石の泡づくりを頑張っているそうです。

 


画像引用元:あきゅらいず公式サイト

 

すっぴんの時は「手抜き」に見えないよう、特にヘアスタイルに気を遣っているそうで、シャンプー「きのね」も愛用しているそうです。

 

「きのね」はコンディショナー不要なのに、髪にツヤが出てきたのがお気に入りのようです。

 

”本当に必要な物だけと身軽に暮らす”ことを目指している川上さんにとって、シンプルケアのあきゅらいずも通じるものがあるのかもしれませんね。

 

川上麻衣子さん 愛用アイテム

 

川上麻衣子さん プロフィール

 

インテリアデザイナーの両親の留学先であるスウェーデン・ストックホルムで1966年に誕生。

 

10代から女優としてテレビ・映画で活躍。

 

『3年B組金八先生』の生徒役で、一気に注目される存在に。

 

2016年には、東京・谷中にセレクトショップ「SWEDEN GRACE」をオープンし、自らデザインしたガラス工芸品やスウェーデン直輸入の雑貨などを販売している。

 

あきゅらいず愛用芸能人、最後のご紹介は、森貴美子さんです。

 


画像引用元

 

『non-no』の専属モデルとして芸能活動を始めた森さんは、結婚・出産を経て現在はTV「ヒルナンデス」にも出演されています。

 

あきゅらいずのきほんのセレクト(泡石・優すくらぶ・秀くりーむ)は”使ってみて良かったスキンケア”として、森さんのブログに登場しています。

 

▼泡石で洗顔している森さん

 

ブログを拝見すると、どうやら「優すくらぶ」がお気に入りの様で、『(優すくらぶ・ゼラニウムは)アロマをたいているようないい香り。30秒というわずかな時間で、ふっくら柔らかな肌に・・・!』と表現しています。

 

『あきゅらいずさんは、素材の生産地まで出来る限り足を運び、自分達の目で確認しているのですって。

 

HPやパンフレットを見ると、肌にとって負担となる成分を少しでも減らし、良い成分を増やす努力を続けているので、安心して使い続けられます!!』

 


 

 

ブログの日付が2011年7月となっているので、森さんが現在もあきゅらいずを愛用されているのかは分かりません(汗)

 

ただ、3ステップで簡単にスキンケアが完了し、安心して使い続けられるあきゅらいずがお気に召した様子はブログから感じる事が出来ました。

 

森さんには『毎日の家事が楽しくなるシンプル暮らし』という著書もありますので、やはり「シンプル」という点であきゅらいずとつながっているのかな、と個人的には思ってしまいます。

 

森貴美子さん プロフィール

 

1980年 横浜市出身。

 

1999年から2001年まで、雑誌『non-no』の専属モデルを務め、その後もモデル業、執筆業、ファッションデザイナーとして活躍中。

 

2010年にカメラマンの男性と結婚、2012年に女児を出産。

 

「Mielle」は自らがデザイナーとして立ち上げたファッションブランド。

 

●あきゅらいず 約47%OFFでお試しする(公式サイト)

 

 

あきゅらいず 愛用している芸能人の共通点

 

ここまで、あきゅらいずを愛用している芸能人の方4名をご紹介してきました。

 

坂本美雨さん、佐藤康江さん、川上麻衣子さんはあきゅらいずのメイク用品「いろのは」や「玉粉肌(たまごはだ)」を使用して撮影に臨んでいるそうですが、皆さんノーファンデだそうです。

 

せっけんでも落とせるメイクなのでカバー力はそれ程ないと思うのですが、ナチュラルでいながら透明感のある美肌が印象的と感じたのは私だけではないのでは?

 

4名の方のインタビューやコメントを全て読んだ私としては、

 

  • 毎日の暮らしや家族を大切にしている
  •  

  • シンプルで良質なものの追及

 

この2つのことがこの4人の皆さんに共通している点として見えてきました。

 

お子さんをお持ちの方が大半なので、食生活や日常使うものに気を配るのはある意味当然なのかもしれませんが、

 

 「シンプル」「ナチュラル」「ありのまま」を大切にする姿勢は面白いほど共通しているようでした!

 

年齢を重ねていくと、「シンプル」に行き当たるのはとても共感できますし、自分が好きなものとそうでないものもパッと見わけが付いたりするんですよね。

 

だから余分な物は不要で、本当に必要なものだけがあればいい。

 

良い物を突き詰めていくとごまかしのきかない「シンプル」に行き当たるという考えも、30代後半からはとても良く理解できるような気がします…。

 

 

あきゅらいずは、現代女性たちが化粧品類を「ぬりすぎ」、「つけすぎ」、メイクを落とすために「洗いすぎ」ている事に警鐘をならし、シンプルな3ステップ(洗顔・パック・保湿)のスキンケアを提案しています。

 

また、ただシンプルであるだけでなく、お肌が本当に必要としている美容成分を和漢ハーブエキスにぎゅっと凝縮しているのだそうです。

 

 だからファンデーションで隠す必要などない、すこやかなお肌に仕上がり、すっぴんユーザーを続々と輩出しているという訳なんですね。

 

これまでの美容成分を一通り試してみて「いまいち…」という方は、あきゅらいずの和漢ハーブエキスとシンプルケアをお試ししてみる価値はあるかな、と個人的には思います。

 

あきゅらいずのお試し詰め合わせは、今なら約47%OFFでお取り寄せできます。

 

「すっぴん」や「シンプル」という言葉にピン!ときたら、まずはあきゅらいずをご自分の肌にのせて試してみるのがおススメです。

 

 

 

 

あきゅらいず 結局何が良いの? 成分?

 

ここまで、あきゅらいずに満足して愛用している芸能人の方をご紹介してきましたが、『あきゅらいずって実際何がそんなに良いの?』とふと思えてきたりしませんか?

 

芸能人のすっぴんはキレイだな、と思えても、自分がすっぴんになっている姿はイマイチ想像できないという方も中にはいらっしゃるかもしれません。

 

なので、このコーナーではあきゅらいずに配合されている和漢ハーブエキスや成分について見て行きたいと思います。

 

 

あきゅらいずの和漢ハーブエキス「草根木皮たまり」とは?

 

和漢ハーブエキス・草根木皮(そうこんもくひ)たまりは、「保湿」と「代謝を良くする」とされる漢方植物10種から抽出・濃縮された黒ツヤエキスで、泡石せっけん、優すくらぶパック、秀くりーむに配合されています。

 

 

 

▼草根木皮たまりに使われている和漢ハーブ一覧

1.紅花(こうか):ベニバナの名で良く知られていますよね

 

2.金銀花(きんぎんか):スイカズラの花

 

3.玄参(げんじん):ゴマノハグサ。「胡麻の葉草」と書くそうです

 

4.絞股藍(こうこらん):アマチャヅル。お茶として飲用もされています

 

5.黄蓮(おうれん):日本でも針葉樹林地帯に自生しているそうです

 

6.紫草(むらさきぐさ):花は白く、根っこの部分が紫色をしているそう。漢方では「紫根・シコン」という名前で登場します

 

7.丹参(たんじん):古くから漢方薬として利用されているようです

 

8.黄精(おうせい):ナルコユリ。滋養、強壮のため、栄養ドリンクにも入っているそうです

 

9.蛇床子(じゃしょうし):オカゼリ。抗菌作用もあるそうです

 

10.御種人参(おたねにんじん):呼び方は違いますが高麗人参と同じものだそうです

 

これら10種の和漢ハーブたちは、薬品を一切使用せず、手間ひまかけてエキスを抽出され、さらに丁寧に濃縮されているそうで、両手いっぱいの和漢植物から出来るエキスは、わずかスプーン1杯分なのだそうです。

 

 

乾燥肌・敏感肌と言われる方は、お肌の乾燥が進み、表面はひび割れたお餅の様な状態。

 

水分は逃げやすく、外部からの刺激も受けやすくなっているそうです。

 

また、年齢を重ねるごとに代謝が悪くなり、お肌の水分キープ力も低下していきます。

 

 「草根木皮たまり」は、この「乾燥」と「代謝」に古くから伝わる漢方からアプローチしているので、

 

  • 弱っているお肌を健やかに
  •  

  • お肌が本来持っているバリア機能を正常に戻す
  •  

  • めぐりを良くしてお肌本来の美しさ・輝きを取り戻す

 

この様な事が期待できるのではないかと思います。

 

特に、現代女性は肌トラブルを解消しようと基礎化粧品を重ねてつけすぎ、こすりすぎ、ファンデーションを塗りすぎたりして、知らずのうちにお肌を痛めつけてしまっているというケースが多いのだそうです。

 

 あきゅらいずは、ライン3点のみでスキンケアが完結し、お肌への摩擦を最小限に抑えているのも美肌への近道と言えるでしょう。

 

(ユーザーさんの中には、トライアルで気に入ったものだけを購入し、他メーカー品と併用したりして十分納得のいく結果を得られている方もいらっしゃいます。)

 

あくまでも見た目の美しさではなく、健康で内側からイキイキと輝くお肌づくりをサポートしてくれるのがあきゅらいず、と言えるのではないでしょうか。

 

 

 

 

あきゅらいずスキンケア 全成分について

 

あきゅらいずのスキンケアには、「草根木皮たまり」と相性が良く、さらにメリットを高めてくれるような美容成分が多数配合されているそうです。

 

どんな美容成分が入っているのか、早速、泡石せっけんからご紹介していきましょう。

 

 

泡石(ほうせき) 全成分

 

カリ含有石ケン素地、DPG、水、グリセリンソルビトールスクロース、【タンジン根エキス、ゴマノハグサ根エキス、オカゼリ果実エキス、ベニバナ花エキス、ポリゴナツムムルチフロルム根茎/根エキス、スイカズラ花エキス、アマチャヅル葉エキス、ムラサキ根エキス、オタネニンジン根エキス、オウレン根エキス】、コメヌカエキスクズ根エキス、アロエベラ葉エキス、クロレラエキス、スクワラン、セラミドNP、セラミドAP、セラミドEOP、フィトスフィンゴシン、コレステロール、グリチルリチン酸2K、スーパーオキシドジスムターゼ、BGステアリン酸スクロース、ステアロイルグルタミン酸2Na、ラウロイルラクチレートNa、カルボマー、キサンタンガム、エチドロン酸4Na、トリルビグアニド、エチルヘキシルグリセリン、フェノキシエタノール、(クロロフィリン/銅)複合

 

※【】で囲った成分が草根木皮たまり、ピンクのマーカーを引いた成分は保湿成分に該当します。

 

 たくさんの植物由来成分が入っていますが、コメヌカはイネ由来、クズ根エキスはカッコン由来で、共に保湿の目的で配合されています。

 

セラミドも3種配合されていますが、こちらは「ヒト型」とも呼ばれ、人が元々持っているセラミドと類似している分、保湿効果も高いそうです。

 

他にも、DPG(ジプロピレングリコール)、クロレラエキス、BG(ブチレングリコール)、ステアリン酸スクロースも保湿効果があるそうで、泡石は肌が一番デリケートになると言われる洗顔時も保湿成分たっぷりで優しく洗えるのが特徴と言えるでしょう。

 

『つっぱらないのに、汚れはちゃんと落とせる』という口コミが多数あるのには、保湿成分がたっぷりだからかもしれませんね!

 


 

 

 

優すくらぶ 全成分

 

水、コーンスターチ、ヨクイニン、海塩、アルギン酸Na、【タンジン根エキス、ゴマノハグサ根エキス、オカゼリ果実エキス、ベニバナ花エキス、ポリゴナツムムルチフロルム根茎/根エキス、スイカズラ花エキス、アマチャヅル葉エキス、ムラサキ根エキス、オタネニンジン根エキス、オウレン根エキス】、スイゼンジノリ多糖体ポリグルタミン酸オリーブ果実油ハチミツBG、ゼラニウム油、カプリリルグリコール

 

(優すくらぶ「ハッカ」はゼラニウム油の部分が「ハッカ油」に変わるだけで、他の成分は全て一緒です。)

 

 ヨクイニンは漢方の名前で、別名「ハトムギとも言います。

 

数年前からハトムギの化粧水等が日本でも大ヒットしていますが、元は漢方の流れを汲んだものなんですね。

 

ヨクイニンは、ハトムギの皮をむいた種子の部分で、@肌の水分代謝促進 A不要な老廃物の排出を促進 B肌のターンオーバー(細胞の生まれ変わり)を整えてくれるそうです。

 

スイゼンジノリ多糖体は、水前寺海苔から抽出された成分で、ヒアルロン酸の5倍もの保湿力を持っているそうですよ。

 

優すくらぶは、洗顔後のお肌に伸ばし、30秒後に洗い流すパックです。

 

『使ったのと使わないのとでは肌の柔らかさが全然違う』という口コミもあり、洗い流しても感じられるパワフルな美容効果はお試しの価値ありですね。

 

 

 

 

秀くりーむ 全成分

 

水、グリセリンBG、スクワラン、【タンジン根エキス、ゴマノハグサ根エキス、オカゼリ果実エキス、ベニバナ花エキス、ポリゴナツムムルチフロルム根茎/根エキス、スイカズラ花エキス、アマチャヅル葉エキス、ムラサキ根エキス、オタネニンジン根エキス、オウレン根エキス】、コメヌカエキスローヤルゼリーエキスクズ根エキス、ボタンエキス、アルテア根エキス、フユボダイジュ花エキス、アルニカ花エキス、アロエベラ葉エキス、クロレラエキスホホバ種子油ポリグルタミン酸水溶性コラーゲンセラミドNPセラミドAPセラミドEOP、フィトスフィンゴシン、コレステロール、グリチルリチン酸2K、DNA-K、スーパーオキシドジスムターゼ、水添レシチン、ラウロイルラクチレートNa、カルボマー、キサンタンガム、トコフェロール、クエン酸、クエン酸Na、水酸化K、1,2-ヘキサンジオール、カプリリルグリコール、フェノキシエタノール、エチルヘキシルグリセリン

 

 秀くりーむも植物由来の成分が多く、草根木皮たまりの他にはコメヌカ、クズ根、アルテア根、ホホバ種子が保湿の目的で配合されています。

 

ボタンやフユボダイジュ、アルニカ、アロエベラといった植物エキスには、お肌を整えてくれる働きがあるそうです。

 

秀くりーむは、あきゅらいず式スキンケア・一番最後のステップにふさわしく、保湿リッチな配合と言えますね。

 

お肌のタイプによって使う量を調整し、好みの潤い具合に仕上げられるのも秀くりーむの特徴かと思います。

 


 

あきゅらいずの全成分 まとめ

 

あきゅらいずの全成分について調べた結果、私なりに次のような結論に至りました。

 

あきゅらいずは…

 

・どのステップでも保湿成分がかなりたっぷり

 

・植物由来の美容成分が豊富

 

・天然由来の成分を使用している

 

(例) ポリグルタミン酸<サトウキビ由来、 トコフェロール<ダイズ、ナタネ由来、 ラウロイルラクチレートNa<パーム、テンサイ由来など

 

 

 あきゅらいずは和漢ハーブエキスに加え、セラミドやコメヌカなど保湿美容成分が「これでもかぁ〜!」ってくらい入っている印象です。

 

製品作りに東洋医学の考えを多く取り入れているせいか、原料もなるべく自然な物を選んでいるのが良く分かるような気がしますね。

 

製品の品質安定のため、最小限の防腐剤や界面活性剤は使用しているそうですが、毎日使うスキンケアとしては個人的に「はなまる」を差し上げたいクオリティと感じています。

 

そうは言っても、『使ってみたらお肌に合わなかった』という口コミも少数ながら存在しますので、興味を持たれた方は4日間のお試しセットで是非様子を見てみて下さい!

 


 

●あきゅらいず お試し詰め合わせはこちら(公式サイト)

 

 

 

Copyright(C)2019あきゅらいず愛用の芸能人・モデル まとめ 選ばれる理由は All Rights Reserved.